I・HEAP(第6回)

Interdisciplinary History Education Archiving Project(I・HEAP)について

学際的な歴史教育に関する文献を読み、その軌跡をアーカイブ化していく輪読会プロジェクトです。 文献についてはその領域の著名なものを選び、各章の簡単なレジュメを載せていきます。文献を読む際の参考資料としてご参照ください。

書籍について

輪読会メンバー

メンバー 主な研究テーマ
川口広美(広島大学・准教授) シティズンシップ教育と社会科教育の関連性(主に多様性や教師教育の観点から)
池尻良平(東京大学・特任講師) 歴史を現代に応用する方法の開発
空健太(国立教育政策研究所・教育課程調査官) 歴史(世界史)教育における市民性の育成、歴史教師の実践方法論の研究
星瑞希(北海道教育大学・講師) 児童生徒の歴史学習の意味づけ(社会文化的アプローチの視点から)
山村向志(千葉県立姉崎高等学校 教諭) 子どもの歴史的エンパシーの様相とその効果的な育み方、歴史的論争問題学習における子どもの認識
小野創太(広島大学・院生) 困難な歴史(Difficult History)を探究する授業デザインに関する研究
両角遼平(広島大学・院生) 社会科教育とナショナル・アイデンティティ形成の関係性(オーストラリアのカリキュラム分析研究)
玉井慎也(広島大学・院生) イングランド学校歴史教育改革史研究
高松尚平(福岡県太宰府市立太宰府西中学校 教諭) イギリス歴史教育におけるBig Picture概念の研究、歴史を大観する学習との関連
宇ノ木啓太(広島大学・院生) 歴史文化(Historical Culture)の理論的展開、ICT活用
鈩悠介(国立特別支援教育総合研究所) 歴史的意義(Historical Significance)の判断に関わる子どもの思考
徳原拓哉(神奈川県立横浜国際高等学校教諭・東京大学 院生) 「歴史実践」論の史学史的、歴史的把握と叙述方法論の探究
西村豊(高水高等学校 教諭) 子どもが学ぶ意味を実感できる歴史授業の開発研究、中学・高等学校における教育実習指導の研究
窪田遥(筑波大学・院生) 博学連携における教師の授業デザイン方法研究、困難な歴史を取り扱う博物館における学習方法研究
片山実咲(東京大学・院生)

本書の目次、著者、担当者、レジュメ

目次 章タイトル 著者 担当者 レジュメ
1 Introduction: Connecting Historical Justice and History Education Matilda Keynes et al. 川口 池尻 PDF PDF

Part 1: State-Sponsored Processes and Education

Part 2: Historical Justice in Public History SpacesPart 3:Educational Materials: Textbooks, Curricula, PolicyPart 4:Pedagogy, Teachers, and Students
目次 章タイトル 著者 担当者 レジュメ
2 Recontextualizing Historical Injustice into Education: The Relationship Between a White Paper and a Textbook on the Abuse of the Roma in Swedish History Malin Arvidsson, Henrik Åström Elmersjö 川口 PDF
3 Taking Responsibility for the Past: Theoretical and Educational Considerations, Illustrated by South African Experience Sirkka Ahonen 高松 PDF
4 Education and Truth Commissions: Patterns, Possibilities and Implications for Historical Justice Julia Paulson, Michelle J. Bellino 玉井
目次 章タイトル 著者 担当者 レジュメ
5 The Hanaoka Incident and Practices of Local History and Memory Making in Northern Japan Erik Ropers 池尻 PDF
6 Historical Narratives and Civic Subjectification in the Aftermath of Conflict Daniela Romero-Amaya
7 Generating and Popularising Historical Knowledge in a Reconciliation Process: The Case of the Church of Sweden and the Sami Björn Norlin, Daniel Lindmark 川口 PDF
8 The Role of Commemoration in History and Heritage: The Legacy of the World War One Engagement Centres Nicola Gauld, Ian Grosvenor 窪田
9 Challenging ‘Comfort Women’ Discourse: Rethinking Intersections of Historical Justice and History Education Anna-Karin Eriksson
10 Ethics and Historical Justice Göran Collste PDF
目次 章タイトル 著者 担当者 レジュメ
11 Textbook Revisions as Educational Atonement? Possibilities and Challenges of History Education as a Means to Historical Justice Eleni Christodoulou 西村 PDF
12 Redressing Historical Wrongs or Replicating Settler Colonialism? Social Studies Curriculum Reform in Canada James Miles 両角
13 Narrative Justice? Ten Tools to Deconstruct Narratives About Violent Pasts Angela Bermudez 小野
14 History Education, Transitional Justice and Politics of Reconciliation: Multi- and Univocality Around Violent Pasts in South African and Rwandan Textbooks Denise Bentrovato
目次 章タイトル 著者 担当者 レジュメ
15 Practicing Reconciliation in a Canadian Book Club Jonathan Anuik 池尻
16 Developing Historical Consciousness for Social Cohesion: How South African Students Learn to Construct the Relationship Between Past and Present Natasha Robinson
17 Historical Justice and the Holocaust in History Education Andy Pearce, Stuart Foster 山村
18 Do Teachers Care About Historical Justice? Teaching About the Holocaust, Genocide, and Colonialism in England Heather Mann 玉井
19 Political Good-Will, Moral Lessons, Historical Justice? Upper Secondary School Students on the Motives and Effects of Historical Apologies Jan Löfström 片山